お知らせ

すっかり秋らしい日々になりましたね。激しい天候に悩まされた今年の日本の夏でしたが、ニューヨークの夏もかなり暑かったようです。しかし9月に入ってブドウには欠かせない日夜の気温差も大きくなり、9月上旬にはスパークリングワイン用のブドウを、続けて9月下旬には白ワイン用のブドウの収穫を、そして赤ワイン用の黒ブドウの収穫は11月上旬ごろまで続きます。今年1年分の労力と愛情が込められたブドウは、一番早いものでは来年の春にリリースされるものもあり、彼ら生産者の思いの詰まったボトルを手にするたびに、感謝の気持ちでいっぱいになります。そんな実りの秋を祝うのにふさわしいワインには、ニューヨークの冷涼さを感じることができるこんなスパークリングワインや、こんな辛口のリースリング、そして赤なら軽やかなカベルネ・フランが最適ですよ!